PRACTICEMENU

大人の診療

歯の神経治療(歯の根の治療・ラバーダム治療)

何もしていないのにズキズキする…。かんだ時に痛くなる…。根っこの治療をしていたが痛みがとれない。歯の違和感が続いている。

そのような症状で困ってはいませんか?もしかすると歯の根の部分で炎症(えんしょう)が起こっているかもしれません。この場合歯の神経治療が必要になってくる場合があります。

一番大切なのは精密な検査と正しい診断

歯が痛いといってもそこから考えられる病名は多種多様です。つまり、痛いからといって、すぐに歯を削る、神経を取る、歯を抜くということはNGと考えています。もしかすると削らなくていい痛みかもしれない、神経治療までしなくていい状態かもしれないということまで最大限に考えることこそ、患者さんの将来を考えた治療ではないかと思っています。
かわべ歯科では、患者様からの症状の聞き取りと精密な検査に重点を置いています。

検査内容その1 お口の中を拝見させていただきどのような痛みかを検査します

検査内容その2 レントゲン・CTを撮影させていただきます

歯の根の部分は細く、肉眼で見ることは非常に困難です。そのためレントゲンをとりどのような根の走行をしているのかをレントゲンをとり確認していきます。
大臼歯(奥歯)のような根が複雑な歯に関しては2次元のレントゲンでは判別が困難なので、3次元のCTを撮らせていただく場合があります。

検査内容その3 歯髄診断器とよばれる歯の神経が存在するかを測る機械で歯の治療がどこまで必要か検査します

root-canal-therapy_1歯の神経が存在しているか、していないかを確認することは今後の治療方針に大きな影響を与えます。歯の神経の有無を検査するために、温冷熱検査と電気歯髄診断(でんきしずいしんしんだん)を必ず行います。
 

検査内容その4 歯ぐきの周りを測定していきます

歯が痛いのに歯ぐきの周りも検査するの?と驚かれる方も多いと思いますが、歯が割れていると歯ぐきに大きな穴が開く場合もあるので、歯が割れているかどうかを判断するためにもこの検査は必要なのです。

検査結果によって神経治療が必要と判断された場合には以下の治療方法で神経治療をさせていただきます。

治療行程その1 歯の根っこに菌や唾液が入らないように「ラバーダム防湿(ぼうしつ)」をします。

歯の神経部分に菌が入ると「感染(かんせん)」してしまいます。歯の神経治療では唾液や吐く息から、歯の神経部分に菌が入り込む恐れが高いです。

一般的な「簡易防湿」とよばれる綿をつめるだけの方法では吐く息からの感染は防げませんし、時間がたてば唾液も入り込んでしまい、細菌が入り込んで繁殖すしてしまいます。
細菌の繁殖力はネズミよりもすごく約20分で2倍、1日で100億の10000億倍にも増えるため、数個の細菌が侵入してしまうと、治療したにもかかわらず違和感が取れない、痛みが残るなどの症状が出てしまいがちです。

そこで歯の神経治療の際には、「ラバーダム防湿」が不可欠と考えられます。ラバーダム防湿を聞いたことがない方もいるかもしれませんが、歯科大学では実習や、国家試験で問題に出るほどポピュラーな方法なのです。

ではそんな有名で効果的な方法なのになぜそんなに歯科医院で見かけないのでしょうか?
その答えは、
①慣れていないとラバーダムを装着するのに時間がかかり大変だから
②保険点数がないためラバーダム防湿は自己負担となってしまうため
とのことです。

しかし、感染を起こすと歯の質はどんどん落ちてしまうのも事実です。だからこそ、煩雑さもありますがラバーダム防湿はそれでもしたほうが患者さんへのメリットが高いのです。

かわべ歯科では、治療による感染防止のためにラバーダム防湿もしくは、ZOO(ズー)防湿をさせていただいています。大切な歯だからこそ、慎重に扱わせていただきたいと考えています。

root-canal-therapy_2

治療行程その2 歯の痛みの原因が「虫歯」であれば、虫歯をしっかりと除去していきます

歯の神経が痛くなる原因の多くは「虫歯」です。虫歯を放っておくことで進行していき歯の神経部分に達することで「炎症」が起こります。

root-canal-therapy_3この炎症を止めるには神経を取る治療がメインとなりますが、原因の虫歯を残しておくと、根の部分が再度感染を起こしてしまう危険性があります。そのため原因となる虫歯は徹底的に取り除いて、再度感染が起こりにくい状態をつくることも、これからの「予防」と考えています。

かわべ歯科ではコメットカーバイドバーと呼ばれる、虫歯を選択的に除去し、健康な歯を極力削らない、歯に優しい道具を使用して虫歯治療に取り組んでいます。

治療行程その3 歯の根の長さを測定していきます

root-canal-therapy_4歯の根の部分は非常に細いため肉眼で確認することは困難です。そのためちゃんと根の先の部分に器具が到達しているかを確認するため小さなレントゲンを数枚撮り、確認していきます。レントゲンはデジタルのため放射線量はとても少ないので心配なさらないようにしてください。

治療行程その4 歯の根に樹脂が入るように形を作っていきます(根幹拡大こんかんかくだい)

歯の根の中に器具が入ることが確認できたら、次は根の中の部分を広げていきます。ただ単にむやみに広げるのではなく、根の表面にある感染物質がしっかり除去できるところまで拡大をしていきます。

かわべ歯科ではこの拡大操作をウェーブワンゴールドとよばれる、ニッケルチタン製の器具(導入している医院さんはまだ少ないかと思われます)で滑らかにしていきます。

root-canal-therapy_5

治療行程その5 歯の中を殺菌していきます(根幹洗浄こんかんせんじょう)

拡大をすると、その汚染物質が根っこに屑となってのこります。この状態では根の中を無菌状態にはできていません。ここから次亜塩素酸(じあえんそさん)とEDTA(イーディティーエー)とよばれる液体の薬剤を根の部分に入れ、汚染物質を洗って除去していきます。

洗って除去した後は薬剤を根に残さないように、機能水で数分間洗っていきます。その後、無菌的な状態を確実なものとするためにコスモとよばれる高周波治療機器で、殺菌をしていきます。

殺菌が終わった後は、一度細菌の残存がないかを確認するために、カルシウム系の薬剤で仮詰めをし、仮歯などで様子をみます。

治療行程その6 痛みがないこと、根に細菌が存在していないことを確認し樹脂を入れていきます(根幹充填こんかんじゅうてん)

痛みがないことを確認し、細菌検査を行ったのち、樹脂で根の部分を樹脂で密封していきます。かわべ歯科ではガッタコアとよばれる比較的安全で密封性の高い樹脂器具を使用しています。

root-canal-therapy_6

お口のお悩みは早めに解決しましょう。
 お電話0537-36-1220
お子様の歯並びでお悩みですか?

お子様の歯並びでお悩みですか?