部分入れ歯・総入れ歯

一般部分入れ歯・総入れ歯

部分入れ歯・総入れ歯の種類

ここでは軽い入れ歯スマイルデンチャーや、ウェルデンツ入れ歯以外の入れ歯をご紹介していきます。

アレルギー性の少ない貴金属を使用した入れ歯 金属床(きんぞくしょう)入れ歯

metal_1

床の部分が金やチタン、コバルトクロムなどの貴金属(体に優しい金属)で製作されている入れ歯を金属床入れ歯といいます。目に見える部分には目立たないようにピンクのプラスチックを使用していますが、舌が動くスペースには、舌が動きやすく、会話や食事がしやすいように薄い金属となります。金属床のもう一つの特徴は、金属が熱を通しやすいので、他の入れ歯よりも熱いものは熱く、冷たいものは冷たくお口の中で感じやすいことです。

金属床入れ歯の利点・メリット6点

1 総入れ歯から部分入れ歯まで作製が可能です
2 舌が動く部分の床がうすくつくることができるので保険の入れ歯よりも会話や食事がしやすいです。
3 食べ物の温度がわかりやすくなります(熱の伝わりが良いため)
4 保険の入れ歯と比べて壊れにくいです
5 保険の入れ歯と比べて適合(フィット)が良いです
6 一部の金属なら金属アレルギーに対応ができる可能性があります

金属床入れ歯の欠点・デメリット3点

1 保険の入れ歯と比べて修理が難しいです
2 保険診療ではなく自由診療の範囲となります
3 一部の金属(コバルトクロム)が金属アレルギーの原因にもなります

歯ぐきがうすい方でもやわらかく痛くなりにくい シリコンデンチャー

metal_2

入れ歯の裏面が軟らかいシリコンでできた入れ歯をシリコンデンチャーといいます。軟らかいシリコンが歯ぐきの土手の部分をおおうため、噛んでも歯ぐきが痛くなりにくいのが特徴です。土手の高さがなく、現状の入れ歯が何を入れても痛くなる方にはおすすめです。

シリコンデンチャーの利点・メリット4点

1 総入れ歯・部分入れ歯のどちらにも使うことができます
2 噛んでも痛くなりにくいです
3 歯ぐきの土手が低い、土手の高さがない方に向いています
4 上下の入れ歯どちらも可能で、片方だけでもできます。(下顎が多いです)

シリコンデンチャーの欠点・デメリット4点

1 汚れがつきやすいので毎日のケアが必要不可欠になります
2 専用の洗浄剤を使用しないと、シリコンに傷がつき汚れの原因となります
3 歯ぐきの土手が痩せてくると合わなくなります(どの入れ歯も共通)。その際にはシリコンの張替えが必要になってきます
4 保険診療ではなく自由診療の範囲となります

いざという時に作り変えなどができるレジン床入れ歯

metal_3

保険診療などで製作される入れ歯です。自由診療でも、入れ歯の前準備や製作までの間噛めるように製作される場合があります。(治療用入れ歯、即時入れ歯といいます)この入れ歯の特徴は、部分部分の作り変えが可能で、臨機応変に対応できるところです。しかし、素材のプラスチックが割れないために、一定の厚みが必要なため、他の入れ歯よりも違和感があります。

レジン床入れ歯の利点・メリット4点

1 総入れ歯・部分入れ歯のどちらにも対応可能です
2 部分部分の作り変えや修理ができます
3 歯の治療中でも使用できる場合が多いです
4 保険診療の範囲でも製作できます

レジン床入れ歯の欠点・デメリット

1 他の入れ歯と比較して厚みがあるため違和感がある場合があります
2 噛む力は実際の歯と比較すると大きく下がります
3 部分入れ歯の場合バネが銀色のため目立つ恐れがあります
4 他の入れ歯と比べて適合が悪い傾向があります

お口のお悩みは早めに解決しましょう。
 お電話0537-36-1220
お子様の歯並びでお悩みですか?

お子様の歯並びでお悩みですか?