かわべ歯科こども矯正システム

この中にあてはまる「歯並び異常」はありますか?

叢生(そうせい)Crowding

 
凹凸、デコボコのある歯並びのことを指します。主に口腔周囲の筋肉の不正とクセによる歯の生えるスペースの不足が原因です。

叢生

 

開咬(かいこう)Open bite

 
奥歯でかんでいる時でも上下の前歯同士が当たらなくなるほど開いた状態を指します。主に舌の突出、指しゃぶりなどが原因です。

開咬

 

上顎前歯部の突出(出っ歯)Over bite

 
上の前歯が出ているような見た目の歯並びです。最近では12歳以下のお子様の場合、上の顎が突出しているわけではなく、多くのケースが上下の顎の成長不足によるものが原因です。
第2次成長期まで放っておくと顔貌に影響をあたえる可能性があります。

上顎前歯部の突出

 

過蓋咬合(かがいこうごう)Deep bite

 
上の歯が下の歯を覆うようなほどかぶっている咬み合わせのことです。

過蓋咬合

 

反対咬合(はんたいこうごう)Reversed occlusion

 
上の前歯と下の前歯の噛み合わせが反対になっているかみ合わせです。舌の位置異常による、上顎の成長不足と、下顎の過成長が原因と考えられます。
第2次成長期まで放っておくと顔貌に影響をあたえる可能性があります。

反対咬合

 

交叉咬合(こうさこうごう)Cross bite

 
臼歯部(奥歯)の上下間のかみあわせが逆になっていることを指します。本来臼歯では上の歯が下の歯よりも外側に来るのが正常ですが、交叉咬合は上の歯が下の歯より内側寄りになっているのが特徴です。
交叉咬合には前歯が1〜2本かみ合わせが反対になっていることも指しますので反対咬合との判別が必要です。

交叉咬合

 

空隙歯列弓(くうげきしれつきゅう)Void dental arch

 
永久歯だけの歯並びにおいてすき間ができた歯並びのことを空隙歯列弓とよびます。間違った舌の使い方や、指しゃぶりなどが原因として挙げられます。

空隙歯列弓

 

乳歯の閉鎖歯列弓(にゅうしのへいさしれつきゅう)Deciduous closed dental arch

 
永久歯だけの歯並びではすき間がないことが正常ですが、乳歯だけの歯並びの場合は発育空隙(はついくくうげき)と霊長空隙(れいちょうくうげき)とよばれるすき間があるのが正常です。つまり、乳歯だけの歯並びですき間がないということは、大きな大人の歯がはえてくるスペースがないということになり、不正咬合の原因となりますので、早めに相談が必要です。

乳歯の閉鎖歯列弓

お口のお悩みは早めに解決しましょう。
 お電話0537-36-1220
お子様の歯並びでお悩みですか?

お子様の歯並びでお悩みですか?