かわべ歯科矯正システム for KIDS

マウスピース型あご歯並び矯正装置 マイオブレース

マイオブレースは1日1〜2時間と寝るときに使用して頂く装置です

トレーナー1

① 歯列誘導システム この形が前歯をきれいに整列させます
② 筋機能効果 この部分が舌と口の周りの筋肉(口輪筋)を鍛えます
③ 顎の成長・鼻呼吸促進効果 顎の成長を適切に行うための補助をします。また鼻呼吸を促進させます。

マイオブレースはその他にも以下の3つの大切なことを教えてくれます。
①正しい舌の位置
②正しい鼻呼吸
③正しい飲み込み方

毎日起きている時に1〜2時間と寝ている間につけてください
学校から帰って来たあとや、宿題をしているとき、ゲームをしているとき、テレビを見るときに使用します。しかしマイオブレースをただはめるだけではなく、はめた時に舌と口と呼吸の方法を身につけることが大事です。

trainer2

トレーナー装置はお口の周りの筋肉のトレーニング(マイオブレースアクティビティ―ズ)と組み合わせる事によってさらに効果が上がる可能性があります。舌の位置と呼吸をコントロールできれば治療は短くなり歯並びへと効果が出てきます。毎日マイオブレースをつけてマイオブレースアクティビティを続けることが大事なのです。

trainer7

マイオブレースの利点・メリット

1 起きている1〜2時間と夜ねる時のみに使用する装置です。学校では装着していく必要はありません。
2 小さな子どもでもあまり痛みを起こさず利用できます
3 歯を抜くことを前提としていません
4 他の矯正装置と比較して、むし歯になりづらく衛生的です
5 歯並びとあごを一緒に治していくことができます
6 後戻りの危険性が少ないです
7 上のあごと下のあごのバランスがキレイになります。
8 指しゃぶりなどのクセも治せる可能性があります
9 使用して現在の状態より使用後の状態が悪くなることはありません
10 仕上がりがとてもキレイで自然です。

マイオブレースの欠点・デメリット

1 子供さんご自身ではめていただく装置ですので、装着するのを忘れたり、怠けていては歯並びが改善しません。
2 ちゃんと継続して装着している子と、全く装着しない子では治療の進み具合に大きな差がでます。

マイオブレースのQ&A

Q1 マイオブレースはいつ頃からはじめるのがいいのでしょうか?
trainer_1できるだけ早い時期、早い年齢から始めることが大事です。8歳までにスタートしておくと、ハリガネ矯正(ブラケット)を装着しないで矯正が終了する可能性が高くなります。スタート時期が遅くなると、装置の装着などをしっかりこなしていかないとマイオブレースが使用できる適用時期を過ぎてしまう場合もあり、余裕が無い状態での矯正治療になることもあります。
また受け口(反対咬合)の場合は、あごの成長の関係で治療がやや難しくなるため6〜7歳くらいまでには始めて頂くことをおすすめしています。

Q2 乳歯(子供の歯)の時期だけど矯正をしてもいいのでしょうか?
従来は「永久歯(大人の歯)になるまで待ってもいい」と言われることがあったと思いますが、それはハリガネ矯正(ブラケット矯正)をすることが前提の考え方だからです。
お口の中全体のバランスは乳歯の時期から決まってくるだけでなく、乳歯の下から大きな大人の歯が出てきます。早めに矯正することをおすすめしています。

Q3 大人にもマイオブレースは使用できますか?
大人の方でも装着は可能で、大人用のマイオブレースもありますが、大人の場合はあごの成長や矯正のスピードや歯の動き方、矯正の成功率などを考慮すると、大人の場合はハリガネ矯正などの装置のほうが金額は高くなりますが、そちらをおすすめしています。

trainer3

お口のお悩みは早めに解決しましょう。
 お電話0537-36-1220
お子様の歯並びでお悩みですか?

お子様の歯並びでお悩みですか?