かわべ歯科矯正システム for KIDS

バイオブロック(歯を動かすのではなくあごを成長発育させる矯正方法)

バイオブロック

バイオブロックはただ単に歯を並べたり、あごを広げたりするだけの装置ではなく、舌の置くスペースを上の顎に作り、上気道(鼻)を広げることで呼吸機能を改善させ、あごの成長を邪魔する原因を取り除き、その子供本来の自然な顔とあごの成長を促すことで、そのスペースに歯が並んでいくという考え方のもとで作られた装置です。

straightening_1

 

床矯正(シュワルツ装置)とは作用方法が大きく違います

最近では床矯正の手軽さから普及し、多くの歯科医院で扱うことが多くなってきました。しかし、その手軽さゆえに、セファログラム(矯正専用レントゲン)などの十分な検査を行わず、歯や顎の長さを測定することもしない、毎回のお口の中の変化を確認するための写真も撮らない歯科医院が増えてしまったのも事実です。

さらに床矯正の適用範囲は限られており、軽度の叢生(そうせい=歯の重なり)程度であれば治療はできるかもしれませんが、あごの骨の成長不足や、重なりがやや強くなるケースでは困難な場合も多いのです。

そのようなケースを見極めるためにも十分な検査が必要なのですが、先ほど申し上げた通り、検査を十分に行わず見切り発車で床矯正をスタートさせてしまう歯科医院さんが増えたため、無理に床矯正をはじめてしまい、歯並びの異常が治せないばかりか、咬み合わせ異常をつくってしまう負のスパイラルに入ってしまう場合も少なくありません。

では、バイオブロックも似たような外形の装置なのに、何が違うのでしょうか?
大きな違いを率直に申し上げれば「歯に作用するのか」「顎の成長に作用するのか」の違いです。
そもそも子供の歯並びが悪くなってしまうのはなぜでしょうか?
口呼吸や舌のポジション間違い、飲み込みの異常などであごの成長が悪くなってしまい、本来であれば並ぶはずのスペースがなくなってしまう、または咬み合わせのズレや歯並び異常が起こります。

straightening_2

床矯正の場合、上の図のように歯と歯槽突起(しそうとっき)とよばれる
あごの骨の浅い部分にしか作用が及ばないため、広がるといっても斜めに傾けたような状態、いわばひずませた状態をつくります。
この状態ですと歯槽基底部(しそうきていぶ)というあごの骨の深い部分が残ってしまっているため、戻ろうとする力が働き、広げたのに縮んでしまう現象「後戻り」が発生しやすいのです。
さらに、歯の方にも力が及びますので一緒に傾きます。この時、歯の内側の部分が少し高くなるため、咬み合わせの高さも変わってしまう恐れがあります。

 

一方、バイオブロックでは歯に作用するというよりも、あごの骨に作用するイメージです。浅い部分だけではなくあごの骨の深い部分にも作用するため、全体的にあごを成長させることができます。そのため、床矯正と比べて後戻りが少ないといわれています。それだけではなく、上のあごの歯槽基底部(しそうきていぶ)を拡大することによって舌のおけるスペースを作ることができ、正しい舌の位置のコントロールをすることができ、真上の鼻腔(びくう)とよばれる鼻の空間も広がることで、鼻づまりへのアプローチができる可能性もあります。

では、メカニズムがしっかりしている装置なのに床矯正よりもバイオブロックのほうが普及していないのはどうしてでしょうか?バイオブロックは床矯正よりも拡大スピードが速く、状況にあわせた細かい装置の調整が必要なため、セファロや診断用模型などの十分な検査環境と綿密な毎回の測定、そして十分なスタッフ教育が必要になってきます。そのため、すぐに矯正経験が浅い歯科医院では導入しづらいといえます。
(かわべ歯科では最低でも2ヶ月に1回はスタッフが院外研修(静岡・東京など)に参加しており、バイオブロック等の知識や技術の向上に取り組んでおります。)

 

バイオブロック装着の際の注意点

かわべ歯科こども矯正システムへの加入が必要です。

バイオブロックは約24時間装着していただく装置です(歯磨き、拡大を除く)

食事の時は装着したまま食事をしていただきます(装置装着状態でもかめます)

最低約3ヶ月間は2週間ごとの来院が必要です(バイオブロックで約6回程)。
年齢に制限があります

本人のやる気だけでなくご家族の協力が必要です。
(チェックシートの正しい記入が必要です)

バイオブロック治療を終えたあとはマイオブレースの装着が必要です。

お口のお悩みは早めに解決しましょう。
 お電話0537-36-1220
お子様の歯並びでお悩みですか?

お子様の歯並びでお悩みですか?