KIDS

お子様の診療・矯正

歯と歯並びのために妊娠中から3歳までにすべきこと

虫歯になりにくい環境をつくることができる大事な時期です。

実は、生まれたばかりの赤ちゃんにはむし歯菌はいません。ではどこからむし歯菌が来るのかという答えですが、お父さん、お母さんなど人からからむし歯菌がその子供に伝染ってきたのです。虫歯は人から人にうつる感染症です。これを育児感染(いくじかんせん)とよびます。(昔は母子感染といわれていたものです)

対策として赤ちゃんにキスをしない、口移しをしないということを本やインターネット、SNSなどで見た方もいると思いますが、残念ながら会話や遊んでいる間でも人から人へ感染してしまいます。赤ちゃんと顔を合わせない生活をしなければいけないの…そんなことは想像できませんよね。つまり、感染させないことよりも、むし歯菌を持っているご両親やご家族の方、子供さんの周りの方のお口の環境を改善することが必要です。

1-3yobou_1

お口の中の環境は3歳までには決まります。この時期までに感染が少なければお口の中にむし歯菌が侵入したとしても繁殖しづらいことがデータでわかっています。将来お子様が虫歯などで悩まないためにも、保護者の方がちゃんとサポートしてください。

将来虫歯をつくらないお口の中の環境をつくるために3歳までにしてほしいこと6選

1. むし歯の原因であるむし歯菌の検査を行いましょう。そしてたくさん細菌が存在している場合は、パパ、ママ自身のお口の検査もして環境を整えましょう。

2. むし歯菌の感染を最小限にとどめるため、しっかりとお子さんが歯科医院でお口の中のおそうじや検査に通えるような生活環境を作りましょう。

3. 妊婦の方は妊娠性歯肉炎(にんしんせいしにくえん)という女性ホルモンバランスが関係する歯ぐきの炎症があり、少しの汚れでも普通の人と比較して歯ぐきが腫れやすくなっています。また、妊娠時期にはお薬などが服用しづらい時期がありますので早めのコントロールが重要です。

4. 妊娠されているかた、これから赤ちゃんを授かりたいと希望している方へ
歯周病と妊娠は大きな関係があります。歯周病菌が早産(そうざん)や低体重児出産(ていたいじゅうじしゅっさん)に影響することがわかりました。そのため、お子さんのためにも自分自身のお口の中のホームケアと歯科医院でのクリーニングをうけてください。またパートナーの方のお口の中の環境が悪くても細菌感染の恐れがありますので、ご夫婦で歯科医院に来院することをおすすめします。

5. 乳児、幼児を育てている親御さんへ。現在お薬を使用しない、赤ちゃん由来の善玉菌を使用した予防方法(バクテリアセラピー)がスウェーデンをはじめとした世界で注目されています。安全性は何千もの研究で確立していますので安心してご使用ください。

→ バクテリアセラピーのページヘ

6.4歳になるまではお菓子やアイスクリームなど甘いものを絶対にあたえないでください。普段の食事でも体の健康に必要な糖質は十分取れます。1度でもお砂糖の味を覚えさせてしまうと、子供はどんどん甘いものを欲しがり駄々をこねたり、騒いだりしてでも甘いものを欲しがってしまいます。

1-3yobou_2

お口のお悩みは早めに解決しましょう。
 お電話0537-36-1220
お子様の歯並びでお悩みですか?

お子様の歯並びでお悩みですか?