こんなかわいい口元が、歯並びが悪くなる原因だなんて

スクリーンショット 2014-06-24 16.09.28

この頃に気がついてくれるお母さんは
子供のことを良く見てくれています

素晴らしいお母さんです

4歳位になるとお母さんたちは、
子どもたちの異変に殆どの方が気がついているのに
何が原因なのかわからない。。。

どこに行ったらいいのかもわからない

実際には、母胎内にいるときから始まって、
生後から、大きくその問題は現れているのですが
多くのお母さんは気が付かないのです

ゼロ歳の歯が生えてくる前の
子供の寝方、仕草、顔立ちがちょっと違うのに氣が着いてくれると
すっごく楽に子育てができるようになります。

3歳を過ぎると、

歯が生えて、歯ぎしりする
食いしばっている
歯ブラシさせてくれない
泣き方が、弱々しい、
唇が下がっている、座り方が変
鼻が詰まっている、
口を開いている
姿勢が悪い。。などは、子どもたちの呼吸と飲み込みが悲鳴をあげています

子どもたちは無限の可能性を秘めています
でもその可能性は、90%以上は、現代は外で活発に裸足で走ることも
身体をしっかり動かしたり、身体を使って、顔を使って遊んでいたのですが

今では自分が動かなくとも、画面でかって位に動いてくれる
そんな老人化した子どもたちばかりになってしまったのです

未来を育てる
姿勢による呼吸と飲み込みという心と身体の教育としてのトレーニングが必要になってきたのてす。MRCルームは、その為のドリルの音も、ドリルすら無い空間での教育なのです。

こんな教育が、未来の健康な歯と、口腔そして顔、健康な体型を作る大きなお手伝いになるのです。

SNSでもご購読できます。

お口のお悩みは早めに解決しましょう。
 お電話0537-36-1220
お子様の歯並びでお悩みですか?

お子様の歯並びでお悩みですか?