子供の歯ブラシできないんです。。マルケンブラシなら簡単ですよ

子供さんの歯ブラシができないって・・お母さんからの質問
DSC09810

MRCルームで、実際にマルケンブラシで行なってみました。
簡単。。って、私の足の位置、左手の使い方。。マルケンブラシでのブラッシングの部位
歯の感覚を養う、頬粘膜、舌、唇への僅かな刺激、
口の中のぬめりによる食の見分け方
0際、生後4ヶ月くらいから。歯が生える前からのマルケンブラシによる歯ブラシトレーニング
口呼吸の唇の形状の異常を理解し、早期に対応すると数時間で治る場合が多い
お母さんの抱き方、寝かせ方、頭の形状、頚椎に合わせたタオル枕の作り方
地磁気に対する、カラダの使い方、顔面東海発育の方向性作り
皮膚反射など原始反射の使い方
姿勢による内蔵の問題、顔面形状の問題に対する知識などなど
簡単なことなんですが、夜泣きなどの逆呼吸、逆嚥下の姿勢の問題
全ては顔つくり。カラダ作りのスキンシップ
日常の様々なシーンでの親の姿勢で子供も親もカラダを壊してしまうのですから、お互いに呼吸と飲み込みがし易い姿勢を日常に活かす

一歳半くらいまでの、断乳の時期までのブラッシングと、食の与え方
ハイハイからタッチまでの間がなぜ無いのか
呼吸のトレーニング、嚥下のトレーニング・・・
顔面、カラダの見方。。
この頃になると頚椎3版の異状が目立ち、顔面形状に影響を与え、
呼吸の問題と嚥下の問題が姿勢に現れ、態度にも現れている。
中顔面(目鼻口などが存在する顔の中央部)の発育の問題が大きく出ているとMRCシステムへの移行が難しくなる子供もこの時期なら早期に対応できる時期

お母さんたちが気がついている子供たちの僅かな問題に対して、
早期で荒ればあるほど対応ができる様になり、その継続が最も大事なのです。
子供の時間は大人の時間の質とは全く違います。そしてそれぞれの子供さんが母親の影響を受けています。子育てはお母さんが綺麗になって行くチャンスです。
多くのお母さんたちは、子供さんに楽させてあげたいと、お母さんがグロッキーになってしまうくらい、この時期にになったもだっこ。。する時間が多くなっている方も居ます。
おんぶ紐、おんぶの仕方、
座り方を不安定にしてあげて、足、お尻も頚の位置を決めてあげれば
自然と内蔵を作り上げる、呼吸と飲み込みのし易い姿勢になるようになっています。
椅子にどっかり座ってグニャッとお母さんが曲がっている姿勢で子供たちをダクト安定しているために、子供たちは、カラダを丸めてしまいます。
呼吸は姿勢によって機能的残気量が違います。
子供の姿勢はお母さんによって決まってくるのです。

大事な時期、にお母さんのカラダ作りをする姿勢をすることが、子供たちを元気にするのです、
できれば、妊娠前からの、呼吸と飲み込みのトレニングお母さんたちに継続して行なっていただきたいと思っています。

今週は衛生士向けのセミナーが二日間あります、
こんなお話もちょっとして体験してもらおうと思っています。

SNSでもご購読できます。

お口のお悩みは早めに解決しましょう。
 お電話0537-36-1220
お子様の歯並びでお悩みですか?

お子様の歯並びでお悩みですか?