顎関節症でお悩みですか

DSC00197
日本人の8割とも言える顎関節症
顎がカクカク鳴る
顎が痛い、
口があきにくい。。

そして、TCHは、
食事以外に歯があたってしまうという安静空隙(身体が安静位にある、つまりリラックスしている状態とか、食事以外の時間には、最大限に身体が力を発揮する事ができ、行動ができるように歯と歯の間が開いていて、呼吸が楽にできるように唇が閉じている状態)の消失として考えれば
歯並びを悪くする原因もおんなじなんです。

すべて姿勢のコントロールが必要です

今回は顎関節症、今までは、スプリントといわれる器具を作り
多くの
診断を行い、結局歯を削ったり、歯の全部を削って咬み合わせの高さを上げたり。。と
人の治る力を向上させるのではなく、人造の口の人間にしてしまうのではと思われるほどの治療法が主体でした。そして多額の費用を払って。。良くなったと思ったら、しばらくするとまた悪くなる・・・・自分が存在しない治療法がほとんどでした。

でも、そんなこと必要ない人がほとんどなんです

マルケンBANBAN、単純な器具ですが
噛み合わせも、顎の痛みも、
鼻づまりも、その場から改善されるのですから。。
こんな安価な器具で毎日乗っていただくだけでも改善がみられるかたが
半数以上いらっしゃるのには驚きます

このセミナーの時にも、開口障害、クリック音がその場から改善され
ひろのば体操を行って、再度載っていただくだけで軽減です。
後は生活習慣にマルケンBANBAN、ひろのば体操を組み込んでいただければ良いということです。

矯正の時にもアプライアンスと、併用です。

マルケンBANBAN、体重150キロにも耐えられる
足の内側の幅が最大20センチとれる
様々な指を挟みにくい工夫がされている
基本ができれば、壁を使ったりして、
いろいろ方法が有るのです。

顎関節症の場合には、扱っている歯科医院での適切な指導を継続し
予防に通うことが大事ですね。

SNSでもご購読できます。

お口のお悩みは早めに解決しましょう。
 お電話0537-36-1220
お子様の歯並びでお悩みですか?

お子様の歯並びでお悩みですか?