ホワイトニングって歯をどのように白くするの?いろいろな疑問をまとめてみました。

A.ホワイトニングって歯をどのように白くするの?

ホワイトニングは歯の内部の色素を分解し、歯の色を明るく変化させる処置方法です。ホワイトニングは繰り返し行っても、不自然な白さになることはないですが、陶器の白さのような純白のような白さにすることは不可能です。

また以前に治療したつめものやかぶせ物そのものにホワイトニング剤を塗っても、色が変わることは少ないです。そのためホワイトニング後につめものの部分やかぶせ物をした歯の色が浮いてしまう場合もありますのでその際はつめ直しなどで色を整えることが必要になる場合もあります。

図1

B.ホワイトニングはどのような種類があるの?

①オフィスホワイトニング

歯科医院の中で行うホワイトニングです。過酸化水素(かさんかすいそ)が入った薬剤と専用の照射器とよばれるライトを使用して行われます。主な利点は短期間で歯の漂白ができる可能性があること。歯石や着色などを事前に除去してからホワイトニングを行うのでホームホワイトニングより漂白の効率が高くなることです。欠点としては亀裂が入った歯や、むし歯になった歯、つめものに隙間ができている歯、知覚過敏の歯にオフィスホワイトニング剤を塗ると痛みやしみる感覚を起こすことがあるので、事前に検査を行う必要があります。

図2

②ホームホワイトニング

歯科医院で型取りを行い、歯並びの形にあったマウスピースをつくります。そのマウスピースの中に過酸化尿素(かさんかにょうそ)が入ったジェルを塗り、歯にはめて歯を漂白します。利点としては、ホワイトニング後の後戻り(白さが失われていくこと)が少なくなること、知覚過敏などになりにくいことです。欠点は、ホームホワイトニングは継続することで効果が上がりやすくなるので、間隔が開くと漂白効果が弱くなることと、白くなるのに時間がかかることです。

③デュアルホワイトニング

短期間に漂白効果をだす「オフィスホワイトニング」と、じっくり漂白を行い、後戻りを少なくする「ホームホワイトニング」を併用した方法です。方法はそれぞれの長所が生かされる方法です。

C.妊娠中や授乳中のホワイトニングは

オフィスホワイトニングやホームホワイトニングは「過酸化水素」「過酸化尿素」とよばれる使います。これらの薬剤が入っている多くのホワイトニング剤には妊娠中や授乳中には使用しない方がいいと書かれているので、控えておいた方がいいと考えられます。ですので、妊娠中や授乳中は着色をクリーニングでとる程度にしてください。

D.エステサロンでもホワイトニングをよくみるけどエステサロンと歯科医院のホワイトニングはどう違うの?

オフィスホワイトニングやホームホワイトニングの材料に使用される「過酸化水素」や「過酸化尿素」は、日本の薬事法により、医師や歯科医師の免許が必要です。この「過酸化水素」や「過酸化尿素」は歯の外部分だけでなく内部にも効果を発揮し漂白する効果をもちます。

そのため歯科医師などがいない、エステサロンでは医薬部外品の材料を使用して歯の着色やくすみをとるなどを行います。歯についた着色をとるのですから少しは白くなりますが、繰り返し行ってもそれ以上は白くなる可能性は低くなると考えられます。

しかし、歯科医院でのホワイトニングのように歯の内外の色素を漂白する作用はなく、歯の表面の汚れをとること、つまり「クリーニング」です。

そのため、歯の表面の汚れをとるだけであれば、薬局などで同じ医薬部外品の漂白効果のある歯磨き粉を使用した方がいいという意見もあります。

E.まとめ

①ホワイトニングにはオフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニングがあり、それぞれ特徴があります。

②妊娠中や授乳中のホワイトニングはできるだけ避けた方が良いと考えられます

③歯科医院でのホワイトニングとエステサロンでのホワイトニングは薬剤などが異なるので、よく内容を理解していただいてから選んでください。

SNSでもご購読できます。

お口のお悩みは早めに解決しましょう。
 お電話0537-36-1220
お子様の歯並びでお悩みですか?

お子様の歯並びでお悩みですか?