妊娠中の歯科治療はどうすればいいの?妊娠時期別にまとめてみました

A.妊娠中の歯科治療と、普段の歯科治療の違い

画像1

妊娠中は女性ホルモンのバランスが大きく変化します。女性ホルモンが多い環境が好きな細菌が増える、お口の中をいい状態をキープするための、唾液(つば)の量が減り、お口の中がネバつきやすくなるため、虫歯などのお口の中のトラブルが起きやすくなります。歯肉炎にもなりやすくこの時期の歯肉炎を「妊娠性歯肉炎(にんしんせいしにくえん)」といいます。この「妊娠性歯肉炎」は早産や低体重児出産などお口の中の病気が胎児に悪い影響を与えることもあり得るため、妊娠中は普段以上に徹底したお口の中のおそうじが必要です。

B.妊娠初期(1ヶ月〜4ヶ月頃)での歯科治療は?

この時期はつわりで体調が悪くなるだけでなく、切迫流産も起こしやすい時期ですので、歯科治療は、痛みがあるなどの緊急事態の場合には、応急処置のみまでにとどめておいて、安定期(5〜7ヶ月)に入ってから治療してください。

C.妊娠中期(5ヶ月〜7ヶ月頃)での歯科治療は?

妊娠初期にあったつわりも回復し、体調が良くなっていく安定期です。虫歯治療などであれば治療をしても問題はありません。しかし、歯周外科手術や親知らずの抜歯、インプラントなど、その他の大きな歯科手術は、服用する薬も多くなるなどあまりこの時期におすすめする治療ではありません。

D.妊娠後期(8ヶ月〜10ヶ月、出産前)での歯科治療は?

普段の生活であお向けになると、お腹が圧迫されやすく負担がかかる時期で、長時間あおむけになる歯科治療には不向きな時期です。治療中にいきなり陣痛がおこる、刺激によって早産になる恐れもあるため、なるべく歯科治療はしないようにしてください。この時期はできても応急処置のみにし、お口の中の汚れのケアに重点をおいてください。

E.妊娠中は虫歯や歯周病を予防するにはどうすればいいの?

画像2

食後に歯や歯ぐきに負担をかけにくい、ブラシ部分がやわらかく、小さい歯ブラシを選んで磨いてください。その時に歯磨き粉は虫歯予防効果のあるフッ素が入った、研磨剤(けんまざい)という歯を削る成分が入っていないものをなるべく選んでください。特に妊娠時期は、嘔吐感(おうとかん)という吐き気が起きやすいので、前へかがんだ姿勢をとって歯磨きをすると、苦しさが和らぎます。
妊娠中には、普段では虫歯や歯周病が起こらなかったくらいのプラークの量でも虫歯や歯周病が起こることが多くなります。普段のブラッシングの徹底と、3ヶ月おきには歯科医院でのお口の中のクリーニングを行うようにしてください。

F.まとめ

①妊娠時期だからこそこれから生まれる赤ちゃんのためにもお口のなかの十分なケアが必要です
②妊娠中の歯科治療は妊娠安定期に行うようにしてください。その他の時期の治療はできるかぎり応急処置のみにして、予防歯科を優先しましょう。

SNSでもご購読できます。

お口のお悩みは早めに解決しましょう。
 お電話0537-36-1220
お子様の歯並びでお悩みですか?

お子様の歯並びでお悩みですか?