かわべ歯科の矯正治療は「治療空間」だけではなく「矯正育成教育空間」になります。(東京未来歯科見学)

7月に入り暑くなってきましたね。
いつの間にか、七夕用で笹に飾っていた短冊もいっぱいになり、その重さで笹が大きくしなってきました。七夕がくるまで笹が短冊の重みに負けないよう頑張ってほしいものです。

0704_1

先日7月2日(土)の休診日に、東京港区新橋の未来歯科をMRCクリニックの見学と勉強で訪問してきました。

未来歯科では、かわべ歯科と同様にお口の筋肉をトレーニングするMRCクリニックに加盟しており、矯正のためのトレーニングを行っています。それだけではなく、未来歯科ではさらに、生活の中にブクブクうがいの仕方の改良法などでお口の筋肉を鍛える習慣を身につけさせ、姿勢に良い靴の選び方や、足の使い方、ぞうきんがけ、枕の作り方などを患者さんに伝えており、1つ1つの矯正トレーニングだけにとらわれない方法に感動しました。

0704_2

歯並びが悪くなってしまったという状態や状況は「結果」です。
歯並びが悪くなる「原因」はあごの成長不足によるものです。
今までの矯正治療はこの「結果」に対しての対策を重点的に行なっている治療です。もちろん歯並びの悪さという結果は治るかもしれません。しかし、この原因を除去しなければ、原因が影響して再度歯並びが悪くなる恐れがあります。

つまり理想は矯正が終わった後でお口周りのトレーニングを継続して行わなくても、鼻の呼吸、舌の正しいポジション、正しい飲み込みが生活習慣のなかで維持できるようにすることです。

0704_3

お口周りの筋肉トレーニングは矯正には欠かせません。足りない筋肉の力を大きく回復させるのには必要なのですから。ただし、矯正トレーニングをちゃんと行っている子供さんでも、トレーニングが終わったら、姿勢が乱れたり、お口をぽかんと開けていたりしていたら意味がありません。トレーニングをしていない時、トレーナーなどの矯正装置を入れていないときでも、お口がきちんととじている状態、正しい姿勢がとれていることがとても重要です。

0704_4

未来歯科では、そこに注目しており、未来歯科に入ってきたら子供たちは姿勢に気をつける、口をぽかんとあけていない、保護者の方から見ても自発的にそのようなことができるたくましいお子さんの姿がありました。「こんなことこんな小さい年齢では大変だよ…」と考えてしまいがちですが、子供さんは大人が考えているよりも無限大の可能性があり、そこをうまく引き出してあげることでぐんぐん成長していくのだなと改めて実感できました。

0704_5

これからかわべ歯科では未来歯科のように、矯正トレーニングの充実だけでなく、生活の中でも自然に習慣化できるような姿勢指導や、お口の中の筋肉のトレーニングができるような環境づくりに取り組んでまいります。
一方的にわからないまま治療を受けるだけの矯正治療ではなく、患者さんである子供さんが矯正についての知識を身につけていただき、興味をもって矯正治療に一緒に参加していただく、こんな学校・アカデミーのような「矯正育成教育空間」を目指していきます。

 
 
静岡県 菊川市 掛川市 袋井市 榛原市 島田市 磐田市の 歯科 小児矯正歯科 予防歯科ならかわべ歯科

SNSでもご購読できます。

お口のお悩みは早めに解決しましょう。
 お電話0537-36-1220
お子様の歯並びでお悩みですか?

お子様の歯並びでお悩みですか?