歯を極力削らない、神経を最大限抜かないようにするための、予防の歯医者さんの治療法のアドバイス2方法

こんにちは、ゴールデンウィークも半ばになってきましたね。
むし歯治療の方法も多種多様化してきています。最近では極力歯を削らない方法が増えています。今回は治療法の一部をご紹介します。

 

A.ミニマルインターベンションとは

「ミニマルインターベンション」という言葉は聞いたことがありますでしょうか?ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)はM.I(エム・アイ)とも呼ばれていて、歯や歯の神経への削る量やダメージをできるかぎり最小限に抑えて、悪くなっている部分(むし歯など)を取り除いて治療する方法です。
従来の虫歯治療はむし歯になっている部分だけでなく、その周りの歯を一層削ることで、むし歯の再発を抑えようと考えていました。しかし、健康な歯を大きく削ることによって、歯のダメージがおおきくなるのと。歯の神経まで削除が及んでしまい、歯の神経を抜くこともあるというデメリットもありました。

歯の神経をとってしまうと歯の寿命が短くなる可能性がある等の理由から、最近ではミニマルインターベンションという考え方がひろがってきています。
しかし最小限に歯を残すには、拡大鏡や顕微鏡などでしっかりと視野を広げ、専用の機器等で目では見つけにくいむし歯が残っていないか診査をしたり、健康な歯を削らないように、特殊な器具を使用して慎重に治療していくため、診療時間が多くかかるというデメリットはあります。
さらに、むし歯の進行を抑える特殊なセメントや、より密封性が高い材料を使用するので自由診療の範囲となります。
さらに診療前にお口の中の状態が悪かったり、菌の量が多いと、二次カリエス(むし歯の再発)の危険性があるため、お口の中の状態が良好な状態でなければミニマムインターベンションが不可能となりますのでお口の中の清掃は不可欠です。また、削った部分に唾液や息などに含まれる、湿気や菌が入り込まないようにラバーダム防湿等のケアも必要です。

 

B.むし歯を極力削らずにドックスベストセメント

むし歯を殺菌し、歯を極力削らないようにする方法です。このセメントをむし歯の穴に塗布することで、むし歯部分が次第に無菌化されます。無菌化された歯は固くなっていくため、歯をなるべく温存することが可能になります。
むし歯が深い場合には、むし歯の一部を除去して、セメントが浸透しやすい状態にしてからセメントを塗布する場合があります。
デメリットとしては保険適用外の材料であることと、神経まで炎症が及んで何もしないでも痛い歯の場合には他の治療法の方が良い可能性があることです。

 

C.照射することでむし歯を殺菌するオゾン療法

むし歯の穴にオゾンを照射することで、約10秒の照射時間で90%以上の殺菌ができます。オゾンの効果があるのは表面から2mmの範囲のため、むし歯の深さが2mmにいかない軽度のむし歯の場合は、歯を削らずに治療ができる可能性もあります。
オゾンは高い殺菌作用だけでなく、むし歯になった部分(酸性)をアルカリ性にかえることで歯を硬くすることができます。
むし歯が深い場合には、オゾンが届かない範囲の分は、できるかぎりむし歯を取り除きますが、従来の虫歯治療に比べると、歯を削る量は少なくなります。そのため、麻酔を使用しないでも治療できることもあります。
デメリットとしては保険適用外の方法ということと、むし歯による変色の治療で審美を必要とする前歯の部分などは、別の治療法の方が良い可能性があることです。

 

D.まとめ

今回ご紹介した方法は殺菌を目的とした方法で、治療方法の1つの方法として考えていただければ幸いです。もちろん、むし歯や歯周病にならない、再発しないことが一番ですので、日頃のホームケアと、定期的なクリーニングをかかさずに行っていただくことが必要です。

 
 
静岡県 菊川市 掛川市 袋井市 榛原市 島田市 磐田市の 歯科 小児矯正歯科 予防歯科ならかわべ歯科

SNSでもご購読できます。

お口のお悩みは早めに解決しましょう。
 お電話0537-36-1220
お子様の歯並びでお悩みですか?

お子様の歯並びでお悩みですか?