なぜか歯がしみる…原因はこれだった。

最近冷たいものなどで歯がしみる…でも歯医者に行ってもむし歯はないといわれた。もしくは歯の根本に陥没(かんぼつ)ができているから歯ブラシの力が強いのではないかと言われた。そのような経験はありますか?

 

A.歯のくぼみって何?

歯の根元部分がくさびを打ち込んだようにえぐれている状態です。楔状欠損(きつじょうけっそん)ともいいます。

 

B.歯のくぼみができる原因と症状は?

昔は歯ブラシのしすぎと考えられていました、患者さんの中でも「歯ブラシやりすぎたかな」とおっしゃる方もいるほどです。しかし最近の論文などでは、歯のくぼみができる原因は過度なくいしばりや、歯ぎしり、高さのあわないかぶせものや詰め物で噛んでいたなどの噛み合わせによるものだということがわかりました。

そのメカニズムは以下のようなことです。

① 歯の頭の部分はエナメル質と象牙質からできている
② 象牙質は中の成分であり、その周りをエナメル質という成分がおおっている。
③ 強い力が頻繁にかかるとエナメル質にひずみが生じ、エナメル質のうすい部分(根本)が割れてしまう
④ ③を繰り返すことによって歯のくぼみができあがる
⑤ 何度もくりかえされるとさらにくぼみが強くなっていく恐れがあります

症状としては歯髄(しずい)とよばれる歯の神経に近くなる分、つめたいものでしみる可能性もあります。またくぼみの部分は汚れがたまる場合があるのでむし歯になりやすかったり、歯ぐきが退縮し、歯の根っこの部分が見える見た目の問題もあります。

 

C.しみる原因を取り除くには、ただ単にくぼみにプラスチックを詰めるだけでは早期に外れる可能性があります

くぼみがあるなら埋めてしまえば、しみたりしなくはなります。しかしくぼみができる原因を取り除かないことには、詰めたところにはがすような力がかかり、すき間ができてしまったり、はずれてしまったりすることもあります。

他にも知覚過敏を抑える薬で、一時的に抑えることはできますが、これも原因の追求が必要です。

 

D.歯ぎしりや食いしばり、歯牙接触癖(TCH)を自覚する方法は

歯ぎしりや、食いしばりは聞いたことがあると思いますが歯牙接触癖(TCH)って何?という人も多いでしょう。

TCHとは、TCH(ティーシーエイチ)とは、Tooth Contacting Habit(歯列接触癖)というもので、上と下の歯が持続的に触れているクセのことです。

上下の歯の接触と聞くと「かみ締め」や「食いしばり」を思い浮かべる方が多いと思いますが、実際には強い力でなくとも、上下の歯が接触する軽い力でも筋肉の緊張・疲労が発生します。

正常だと、上下の歯は何もしていない時は接触しておらず、離れており、会話や食事をする際に接触する時間を含めても、接触しているのは1日20分程度です。

0411_1

上下の歯の接触時間が長くなると、筋肉やアゴの関節への負担が増え、アゴの疲労感や顎関節症、歯の違和感,口が開きにくい…など下の図のように多くの異常に関わっている可能性があります。

他にくいしばり、歯ぎしり、TCHを自覚する方法としては、お口の中の変化では、

歯の咬耗(こうもう)=歯がすり減って平らに近い状態になっている状態
骨隆起(こつりゅうき)=骨が一部出っ張っている状態、

上のあごなら真ん中部分に、下のあごなら前歯の裏側、または奥歯の周りにでてくることがあります。
歯の破折(はせつ)=歯がわれてしまった状態、割れ方によって処置方法が違うが、最悪の場合歯を抜くこともあります。神経を抜いた歯が比較的割れやすいといわれています。

体の変化では

肩こり=常に食いしばりなどではアゴの筋肉を使いっぱなしの状態

になってしまいます。アゴの周りの筋肉は肩までついている筋肉もあり、こちらも緊張してしまうため肩こりが起こりやすいと言われています。

 

E. 歯ぎしりや食いしばり、歯牙接触癖(TCH)を克服する方法は

まずは1時間に1回でもいいので、「歯と歯を離す」ことからはじめてみてください。それでもなかなかやめられない場合は、マウスピースなどをはめるのも1つの手段でしょう。

 

まとめ

歯のくぼみは楔状欠損というもので、くいしばりや、はぎしり、TCHなどが主な原因です。対処方法は、まずそのクセを自覚し、「歯と歯をはなす」ことから始めてください。

 
静岡県 菊川市 掛川市 袋井市 榛原市 島田市 磐田市の 歯科 小児矯正歯科 予防歯科ならかわべ歯科

SNSでもご購読できます。

お口のお悩みは早めに解決しましょう。
 お電話0537-36-1220
お子様の歯並びでお悩みですか?

お子様の歯並びでお悩みですか?