キシリトールでむし歯予防に効果を発揮するための、正しく知ってほしい知識と用法4つ

キシリトールに虫歯予防効果があることは、テレビやネットでも知っている人は多いです。しかしキシリトールをただ食べていてもその効果がうまく発揮されない可能性もあります。

A.キシリトールってなに?必要量を知っていますか?

キシリトールは白樺(しらかば)や樫の木(かしのき)などに含まれる成分を原料に作った天然の甘味料です。甘みは砂糖とほぼ同じくらいですがカロリーは約6割なのでダイエットにも最適です。味は砂糖と比べスーッとした清涼感があり、ガムや最近はチョコレートなどに応用されています。
安全性については日本では1997年4月に厚生省(現在は厚生労働省)が食品添加物として認定しており、世界ではFAO(世界食料農業機関)とWHO(世界保健機関)合同で「1日に摂取する限度を定めない」という、ランクでいえば最も安全性の高いレベルとして認められている食品添加物です。

このキシリトール、テレビや雑誌、ネットなどで「歯を守る」「むし歯になりにくい」とよく言われていますが、厳密に言えば、2つの効果が期待されます。

キシリトールの効果その①

ミュータンス菌(むし歯菌)の働きや量を抑えます。

むし歯菌は、砂糖をとりこみ分解して酸をつくることができます。
しかしキシリトールはむし歯菌がとりこんでも代謝できず(エネルギーにすることができず)、むし歯菌のエネルギーを消耗させてしまい菌の量が減少し、さらに酸をつくる代謝もうまくいかなくなるので酸を出すことも少なくなってしまいます。

キシリトールの効果その②

唾液の量を増やすことができます。

キシリトールの甘みが唾液分泌を促進します。
さらにキシリトールガムなら噛むことによって唾液腺という唾液が出る部分を刺激し、分泌が促されます。

唾液分泌量があがってもむし歯菌の量が減ることはありませんが、むし歯菌からでる酸を早く中和したり、酸で歯に失われたミネラルやカルシウムを素早く補充することができます。これを再石灰化(さいせっかいか)といいます。
またむし歯菌を洗い流す作用(自浄作用)もあります。

ちなみに虫歯予防で推奨されるキシリトールの量は1日5g以上ですが、これを下回ると効果があまりないといわれています。

B.市販されているキシリトール製品

実は市販されているキシリトール含有率が100%のものはありません。むしろ50%をきっているものもあり、キシリトール配合だからといって他の甘み成分が入ってしまっているとむし歯菌のエサになってしまう可能性もあります。
そのため、1日5g以上のキシリトールをとるためには某市販品のキシリトールガム(1粒あたり0.4g)を約14粒食べなければいけない計算になります。ちなみにその製品のパッケージの粒量は14粒、そういう意味なのでしょうか。

C.歯科医院で専売されているキシリトール製品

歯科医院で専売されているキシリトールガムは100%です。1日5g以上のキシリトールをとるには4〜5粒食べれば良い計算になるので、こちらの方が市販品よりも簡単そうですね。

D.キシリトールのとりすぎでお腹がゆるくなるといわれてるけど…

1日に20g以上キシリトールを摂取するとおなかがゆるくなるといわれています(個人差あり)。その理由はキシリトールのような糖アルコールは体内で吸収されにくいからです。ただしキシリトールを20グラムとるには歯科専売品でも約16粒以上、市販であれば50粒以上1日に食べないといけないので、食品にもキシリトールが含まれることを考えても、あまり毎日なることではありません。

まとめ

キシリトールにはむし歯予防効果があります。しかし摂取量が足りなければ、効果はあまり期待できません。1日に必要な量を毎日続けることが必要です。

 
静岡県 菊川市 掛川市 袋井市 榛原市 島田市 磐田市の 歯科 小児矯正歯科 予防歯科ならかわべ歯科

SNSでもご購読できます。

お口のお悩みは早めに解決しましょう。
 お電話0537-36-1220
お子様の歯並びでお悩みですか?

お子様の歯並びでお悩みですか?