あっ!それやってた。お家で歯のケアの落とし穴。

お口の中の健康は、2〜3ヶ月に1回のペースで予防歯科を受けていただくことで維持できます。しかし毎日の歯のケアもお口の中の健康を維持するためにはとっても大事。今回はお家での歯のケアのお話をしていきます。

A.デンタルフロス

デンタルフロスとは歯ブラシでは届かない歯間の側面や歯間下の歯ぐきに付いた歯垢(プラーク)を除去し、歯周病やむし歯を予防する目的で使われるもので、一般的には「フロス」とも呼ばれます。皆さんはデンタルフロスの間違った使い方していませんか?

A-1.日本のデンタルフロスの普及率

アメリカではデンタルフロスの使用者の割合は60.1%、スウェーデンは51.3%に対し日本でのデンタルフロスの家庭普及率はたったの19.4%です。(ライオン株式会社調べ2014)私自身、アメリカへ行った時にアメリカのショップでは歯ブラシコーナーと同じ規模のデンタルフロスコーナーにびっくりした記憶があります。一方、日本のドラッグストアでは歯ブラシのコーナーの片隅程度しか見かけません。そのくらい海外では当たり前の事のようになっているデンタルフロスの認知度が日本ではまだ少ないのです。

0407_1
ライオン株式会社調べ

さらに日本はアメリカやスウェーデンに比べ「予防歯科」への認知度が低く、日本人の80歳までに残る歯の本数は先進国の中でもワーストクラスです。

A−2.デンタルフロスの種類

デンタルフロスには糸巻きタイプ(糸のみ)とホルダータイプ(Y字型など)の2つに分かれます。
糸巻きタイプは糸を指に引っ掛けて歯の間の清掃をしていきます。
一方、ホルダータイプは、取っ手の先に糸がついているので、糸巻きに自信がないお子様やお年寄りの方でも簡単に使用できます。
どちらが優れているということはありませんので、好きな方を選んでみてください。

A-3.デンタルフロスを間違って使用していませんか?

皆さんはデンタルフロスを正しく使用できていますか?
以下にあげるNGケアをしている方は気をつけてください!

■NGケアその①【勢いをつけて歯に挿入する、歯ぐきにグリグリと押し付ける】
歯と歯の間にはコンタクトというフロスを通すときにきつく感じる部分があります。そこでフロスを強く押し当てると、コンタクトを過ぎた後、一気に歯ぐきの部分まで食い込んでしまう可能性があります。歯ぐきに糸が食い込みすぎると、歯ぐきが傷ついてしまい、歯ぐきが退縮して歯周病のように下がってしまうことを助長させてしまう可能性があります。このような間違ったフロスの使い方をした時は、使用後に歯ぐきの痛みと出血を伴います。もしそのように感じたらフロスをコンタクトのところでゆっくり挿入して優しく入れてください。

■NGケアその②【歯と歯の間にフロスを入れて出すのみの動き】
歯と歯の間にフロスを入れて、そのまま出す…一見良さそうにみえるのですが、それでは歯の間の汚れはしっかりと取れません。歯の汚れは歯の間のどの部分についているのでしょうか?答えは歯の側面にくっついているんです。つまりただ単に出し入れするだけの動きでは空中で糸を動かしているだけにすぎません。正しい使用方法はフロスを歯ぐきの近くまでゆっくり挿入したら、側面にそって前後または左右に歯の頭にむかってすらせていきます。必ず歯と歯の間には2ヶ所の側面があるので、1つの側面が終わったら、もう一つの側面も歯ぐきのほうから頭の方にむかってすらせていきます。

■NGケアその③【1つの歯の間のフロスを終えた後、そのまま他の場所をフロスする】
これは糸巻き型であれば、同じフロスの部分で複数の歯の間をお掃除することや、ホルダー型であれば歯の間を1ヶ所お掃除したあと、その汚れをつけたまま他の歯の間をお掃除することを指します。
歯の間をデンタルフロスで通すと汚れが付着します。その汚れは細菌の塊です。そのまま他の歯にフロスした場合、他の歯にその細菌の塊を移すことになってしまいます。それでは、デンタルフロスを全体に通しても、細菌が残ったままになってしまう可能性があります。
それを防ぐには一箇所デンタルフロスで汚れをとった後に必ずお水で流すか、ティッシュでしっかり拭いてから、他の歯のお掃除をすることが必要です。

■NGケアその④【フロスで汚れをとった後、力任せに歯の間から外そうとする】
歯の間から外す時、かぶせものやつめものにひっかかって取りにくい時があります。そのとき焦って力任せに歯の間から外してしまった経験ありませんか?力任せに外すとつめものやかぶせものをむりやりはがそうという力が働き、かぶせものやつめものが外れてしまう可能性があります。引っかかったときはもういちど歯ぐき方向に戻してからゆっくり外してみてください。糸巻きタイプの場合は横から外すことができるのでそちらから抜いてください。
しかし、かぶせものやつめものの間にひっかかる場合は、物と歯の間にすき間ができていたり、物の形があっていない可能性が高いので、早めに歯科医院に相談してください。かぶせものや詰め物の無いところで引っかかっていた場合はむし歯や歯石の可能性もあります。

B.歯間ブラシ

デンタルフロスと同様に歯の間をお掃除する道具が「歯間ブラシ」です。しかし歯間ブラシも使い方を誤ると「ケアグッズ」が「凶器」となってしまいます。

■NGケアその①【歯間ブラシの最小サイズでも入りにくい狭い部分や歯周病のない健康な歯ぐきに無理やり押し込む】
そもそも、歯間ブラシは「歯周病が進行し、歯と歯の間のすき間が大きい部分に使用する清掃道具」なのです。歯周病のない健康な歯の間は、とてもすき間はせまく、歯間ブラシはなかなか入りません。そこに歯間ブラシを無理やり挿入すると、歯ぐきにダメージがかかってしまい、痛みや不必要な出血をおこし、歯ぐきが下がってしまう原因にもなってしまいます。鏡で歯のすき間が大きい部分を把握してその部分だけに歯間ブラシは通してください。狭い部分はデンタルフロスで清掃してくださいね。

■NGケアその②【サイズの選び方が間違っている】
歯間ブラシにはサイズがあります。歯の間に合った歯間ブラシを使用することがおすすめです。サイズが小さすぎると、清掃時間が無駄にかかってしまったり、磨き残しの可能性があります。逆に大きすぎると歯ぐきにダメージがかかってしまい、痛みや不必要な出血をおこし、歯ぐきが下がってしまう原因になります。もしサイズがわからない場合は、かわべ歯科の歯科衛生士に相談してください。

■NGケアその③【挿入方向が間違っている、歯ぐきを突き刺している】
挿入方向を間違えたり、歯ぐきを突き刺している場合は歯ぐきにダメージがかかかり、痛みや出血をおこし、歯ぐきが下がってしまう原因となります。鏡を見ながらしっかりと挿入方向を確かめてください。

C.歯ブラシ

もっとも一般的な歯のお手入れは歯ブラシでしょう。適切な歯ブラシを使用していますか?歯ブラシの力が強すぎていませんか?歯ブラシもちゃんとした選び方があります。「歯ぐきをみがけるくらいの柔らかさがあり、頭がコンパクトで奥歯までちゃんとはいるもの」を選んでください。
かわべ歯科では川邉研次先生が考案した「マルケンブラシ」を推奨しています。
→マルケンブラシの説明はこちら

■NGケアその①【歯ブラシの力が強すぎる】
歯ブラシの力が強すぎるのも歯ぐきにダメージを与える原因となります。優しくゆっくり磨くのがコツです。

■NGケアその②【歯ブラシの毛先が開いているのに使い続けている】
歯ブラシの毛先は使用していくと開いてきます。歯ブラシの力がつよかったりする場合は開くスピードが早くなります。毛先が開いた歯ブラシを使用すると無理な力がかかり、磨き残しを増やすだけでなく、歯ぐきへのダメージも心配されます。毛先が開いたら新しい歯ブラシに交換してください。

まとめ

歯のケアはとっても大事です。しかしケアグッズの使用方法を間違ってしまうと、ケアがダメージとなってしまうこともあります。正しい使用方法を知って、お口の中の健康を維持し、予防につなげてください。

 
静岡県 菊川市 掛川市 袋井市 榛原市 島田市 磐田市の 歯科 小児矯正歯科 予防歯科ならかわべ歯科

SNSでもご購読できます。

お口のお悩みは早めに解決しましょう。
 お電話0537-36-1220
お子様の歯並びでお悩みですか?

お子様の歯並びでお悩みですか?