アデノイドと口呼吸と歯科の関係

こんにちは、静岡県菊川市MRC(筋機能)矯正歯科のかわべ歯科の新着みていただいてありがとうございます。

今回は、一回は耳にしたことがあるアデノイドのお話をしていきたいと思います。

アデノイドって?口呼吸との関係は?

ご本人やお子様がアデノイドになって手術を経験した方ならわかるかもしれませんが、なっていない方はあまり想像できない方もいるかもしれません。まずはアデノイドに関連するキーワード「リンパ」についてお話したいと思います。

■Aリンパって聞いたことあるけどよくわからない

リンパとは血液の成分の一部をいいます。血液は血管の中を動きまわり、毛細血管という細い血管に流れ着くと、ここから一部が血管の外へにじみでてきます。これがリンパ液というものです。

リンパ液はリンパ管という専用の管で全身にいきわたります。
つまりリンパは血液と一緒で体中をめぐりめぐっているのです。

ではリンパは何の役に立っているのでしょうか?
次の3つが主な働きです。

①細菌(ばい菌)を退治する
②ウイルス等への抗体をつくる(抗体とは専用殺虫剤みたいなものです)
③体にたまった老廃物の回収と排泄

リンパ管の通り道には約800ヶ所程のリンパ節とよばれる場所があります。「③体にたまった老廃物の回収と排泄」という働きは、リンパ液をゴミ収集員とすればリンパ節はゴミ収集所といったところです。リンパがもってきた細菌や老廃物をリンパ節に捨てていきます。

血管には心臓という自動的に動くポンプがあり、生きているかぎり血液は流れますが、リンパ液は筋肉を動かすことでポンプの役割をする為、体をうごかさないとリンパは渋滞してしまいます。

リンパが渋滞するとゴミ収集員がうごけなくなるので、ゴミが捨てられません。すると細菌や老廃物が収集所にいけずにその場でたまってしまいます。そうすると

①免疫力が低下します
②老廃物がたまりむくみの原因となります
③疲れたり肩こりの原因となってしまいます

このような症状が起こってしまいます。

メディアなどで「リンパを流す」「マッサージしてリンパのめぐりを良くする」と言われているのは、体を動かすこと、マッサージすることでその部分がポンプの役割を果たし、リンパ液の流れをつくってくれることだったんです。

■Bアデノイドってなに?

アデノイドは別名「咽頭扁桃増殖症(いんとうへんとうぞうしょくしょう)」といわれています。「扁桃腺」という言葉は聞いたことがあるかと思います。

扁桃腺は「リンパ組織」といわれリンパ液が流れる場所です。この扁桃腺は口とノドの間にあり、口から体内に侵入してくるウイルスや細菌から体を守る「門番」のような役割をしています。例えば、扁桃腺についた細菌や、ウイルスが増えてしまうと炎症を起こし「扁桃腺炎」とよばれます。

さて、話を戻しますが咽頭扁桃は図のような鼻の奥に存在し口よりも上にあります。口蓋垂(のどちんこ)の裏といえばわかりやすいかもしれません。

29_1

実はこの扁桃、病気でもないのに子供の時に大きくなることがあります。

咽頭扁桃は乳幼児期(0歳〜)以降に生理的に大きくなり幼児期(〜6歳)から児童期(〜12歳)に大きさが最大になり、青年期には小さくなっていく現象があります。

29_2

上のグラフを見てください。このグラフは0歳から20歳までの間に体の部分部分がどのように発達するかをデータにしたものです。

例えば、下顎の骨は一般型に入るため2歳までに急成長しそれからゆっくり成長し、12歳からまた急成長するということを意味しています。

ここで咽頭扁桃は「リンパ組織」といわれるように「リンパ型」なので12歳までどの組織よりも急成長し、成人の倍まで成長します、しかしその後12歳からは衰退し成人の100%になります。まさに咽頭扁桃の生理的な大きさの広がりそのものです。

さて、この大きくなってしまった学童期(〜12歳)の咽頭扁桃は炎症で大きくなったのではないのでそのもの自体は痛いとか症状はありません。

しかしこの咽頭扁桃が大きくなってしまったことが原因で鼻の通りが悪くなり、口呼吸をしてしまうことで咽頭扁桃に菌が集まり感染してしまうとさらに大きくなり、ノドの異物感や耳管の圧迫をしてしまうだけでなく、口呼吸を助長してしまうのでさらに炎症がひどくなる負のスパイラルに入ってしまうかもしれません。

アデノイドは直接口の中からみるのは難しいですが、「アデノイド様顔貌がんぼう」という顔の特徴があります。当院ではプライバシー保護のため顔はお見せすることができませんが、「アデノイド様顔貌」と調べると画像が出てきますのでみて確かめてください。

アデノイドではないですが口蓋扁桃(こうがいへんとう)とよばれる舌の付け根にある部分の扁桃が口呼吸などで炎症が起こるとこのような状態になります

29_3

 
静岡県菊川市、掛川市、袋井市、磐田市、島田市、牧之原市の予防歯科、小児矯正歯科ならかわべ歯科

SNSでもご購読できます。

お口のお悩みは早めに解決しましょう。
 お電話0537-36-1220
お子様の歯並びでお悩みですか?

お子様の歯並びでお悩みですか?