8月9日 知らないうちに日常生活が口の中をダメにしてます!

カラフルNEW (4)

8月9日の土曜日 静岡県菊川市菊川文化会館アエルにて

日本の子どもたちにも大人にもほとんどが起こっている、不正咬合と、その原因となる呼吸と飲み込みの異常の予防について、多くの方たちに知っていただきたいと思います。

かわべ歯科のスタッフであり、今は東京新橋の未来歯科のチーフであり。静岡歯科衛生士学校の審美の授業の講師でもある佐久山宙子(さくやまひろこ)が、
わかりやすく、子どもたちの成長における問題点と、予防を話します。

矯正を永久歯が生えてから、行おうと勘違いしている方が多いのには驚きます。
これも予防が全く浸透していないこの国だからのことです。

今までの矯正は、歯を動かしててきましたから、多くの方は、矯正してもまた戻ってしまうということを体験されたことと思います。最近の

こんな状態が原因で歯並びが悪くなります。
呼吸と飲み込みの異常です。

子どもたちが元気が無い、やる気が無い
鼻が詰まっている、アレルギー性の鼻炎、視力の低下が起こりだしていいる
上を向いて寝れない、うつぶせ寝してしまう、夜泣きが多かった、
風邪をよくひく、インフルエンザに毎回かかってしまう。
体温が低い、姿勢が悪い、落ち着きが無い、すぐに疲れてしまう
夢にうなされる、虫歯ができている(母子感染です)親が歯周病
など。。。。数え上げたらきりがありません。

こんなに多くのことも、呼吸と歯並びに問題があることが多いのです。
大人の片頭痛、胃腸の問題なども、噛み合わせを通じて呼吸と飲み込みの異常を起こす姿勢の連続によって起こるものだと理解できれば、

今回のお話は大きく子どもたちとご家族の生活習慣の改善に役立ちます。

 

SNSでもご購読できます。

お口のお悩みは早めに解決しましょう。
 お電話0537-36-1220
お子様の歯並びでお悩みですか?

お子様の歯並びでお悩みですか?