シーラントに注意 シーラントしたら、確実に管理してもらおう

heidi_12_27_09008

予防でシーラントを詰めてもらったということですが、
全く意味が無いことをし、余計に虫歯になってしまったのです。
大きな問題点を逃していたのです。このシーラントは予防ではありません。
処置ですので、この後で定期的に管理されて初めて効果をなします。

できれば定期的に管理しわずかでも剥がれだしたら、外して詰めなおしてもらうことが重要です・
この時にはずさないと、元のシーラントの下から虫歯が進行してしまうのです。

白い矢印のところには新しい大きな虫歯ができています。青い矢印のところは、シーラントの横から虫歯が大きくなってきたという画像です。

そして歯肉は炎症が起きています。
原因が口呼吸か、家庭での生活習慣に対しての予防が定着していない状態です。
シーラントをしても意味が無いというよりも余計に不潔な場所を作り上げてしまう効果がシーラントにはあります。保健では予防はできませんが、シーラントは予防処置という処置でできますから、そのために行うのです。

なぜでしょう。この方は予防に通われていたということですが、
生活習慣病が歯科疾患のほとんどです。

予防的処置、詰め物、被せ物をする場合に氣をつけないといないのは、
あなたには、虫歯になったり歯周病になったりする生活習慣がありますから、これから生涯を通してその生活習慣を管理され無くてはならない義務があるのです。ということなんですが。。。日本人の癖というか習慣が、保険でできないから。。という誤った考え方になってしまって予防から遠ざかって、いつまでも治療ばかりで、将来は、歯がなくなって行く治療しかされない状態になるのです・予防先進国が出した回答は、治療を行って良くなることはありません。問題はその後の継続した予防、メインテナンス処置で結果として良くなっている状態になるのです。

予防の概念は、どんな医療も同じです。

多くの方は、予防をしました、虫歯の治療をしました。
いつ終わるのですかと聞かれますが、
この質問があった時に歯科医療関係者は、患者さんは、その程度の知識しかないということを認識します。保険治療を希望しているのですから、予測性がある歯科衛生士でも治癒という病名を病名欄につけるのです。臨床上は治癒はありえないのですが。。。

そして、また何か合ったら来てくださいと。。。いいます。数年後
虫歯になり、また治療が始まりました。
新しい虫歯ですから。。そして対応は、良く歯ブラシしてくださいと。。
虫歯のことが歯ブラシだと勘違いしているようなことを言われます。

虫歯イコール歯ブラシ、予防はフッ素。。。
って勘違いしている。。。もしシーラントしなくてはならない子供さんがいたら。。
確実に三ヶ月を空けないように予防のために通院し、もし状態が悪ければ
一ヶ月に一回に変える、それでも状態が悪ければ、二週間に一回に変えて
良い状態が続けば、一ヶ月、二ヶ月と最大3ヶ月でコントロールする
この時間の管理の質が予防そのものなんです。

そして15歳で、虫歯も歯並びも問題がなく自分の歯ですべて噛めるようになっていれば、
虫歯はよほど不摂生をしない限り、将来起こる可能性は無いのです。

15歳を過ぎると歯周病の予防、咬み合わせの予防のために定期的に三ヶ月から四ヶ月に一度歯科医院で管理をしてもらえばいいのです。

生活習慣が乱れて問題を起こし始めたら、三ヶ月の単位から、二週間に戻し、状態が良くなれば、一ヶ月、二ヶ月。最大三ヶ月から四ヶ月に一回で半年を空けないように管理をしてもらうだけです。

予防って簡単なんですが、実際には、治療を行う機器の数十倍の器具と様々な知識が必要になります。疼痛管理、外科処置に比べて評価が少ないために、経済的な理由で、予防が取り込まれることは少ないのです。予防に係る費用は、世界標準で平均年間6万円から8万円です。たったこれだけの医療費でゼロ歳から始めれば、多くのお金と労力を半減させることになるのですから、下手な生命保険よりもご自身に対しては、効果が絶大です。

SNSでもご購読できます。

お口のお悩みは早めに解決しましょう。
 お電話0537-36-1220
お子様の歯並びでお悩みですか?

お子様の歯並びでお悩みですか?